タイのバンコクで『男色大鑑』の話をしてきます

(もう、10年近く前、タイのアユタヤで撮った写真) 明日からタイへ行きます。バンコクにある、チュラーロンコーン大学で、8月25日に、 タイ国日本研究国際シンポジウム2018「メディア時代の日本研究」 という学会が開かれまして、それに参加して発表させていただく予定です。 私の発表の題目は、 現代日本のBL文化と古典の再評価 -西鶴『男色大鑑』研究におけるエンター…

続きを読む

9月に『日本永代蔵』(講談社学術文庫)を出版します

来月の9月中旬に、講談社から文庫本『日本永代蔵』(講談社学術文庫)を出版します。 全訳注本で、矢野公和さんを中心にして、有働裕さん、と私が加わり、三人で作ったものです。 https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4062924757/hnzk-22 『永代蔵』と言えば、西鶴作品中、もっとも売れた本ですね。どのくらい売れたのかは分かりませんが、江戸時…

続きを読む

『男色大鑑』は当時、どれくらい売れたのか

(8月4日の湯島探索の後、行ければ行きたいと考えていた谷中の幽霊画展[全生庵]に行って来ました。ここは山岡鉄舟ゆかりの寺で、かの三遊亭圓朝のお墓もあります。そのおどろおどろしい姿を暑気払いのためにも、ここで紹介したいのですが、写禁ということで載せられません。そこでその全生庵の脇に猫カフェがありまして、これが実に可愛いのです。怖さでなく可愛さからのぉー暑気払い、ということで。) さて、男…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント