北京で環境と文学を考える

(川瀬巴水作「牛堀の夕暮」昭和五年作、茨城キリスト教大学図書館蔵)  11月4日(土)~5日(日)、中国は北京の清華大学にてシンポジウム「生命と環境―東アジアの文学と文化」が開かれます。  小峯和明さんの主宰で、文学と環境というテーマの先駆者と言って良い、野田研一さん(立教大・名誉教授)、渡辺憲司さん(同大・名誉教授)のご講演を始めとして、中国・日本の多くの方たちの研究発表が予定されています…

続きを読む

茨城県-魅力度ランキング47位-を旅する

川瀬巴水作「金郷村」昭和29年(1954)作(茨城キリスト教大学図書館蔵)  日本経済新聞(デジタル版、10月11日)によれば、ブランド総合研究所(東京・湊)の調査で、茨城県は全国ワーストの47位、しかも5年連続という名誉?の結果になったとのことでした。  ざっと記事や関係資料(ブランド総合研究所の「勝手にケンミン創世計画」等)を見て面白かったのは、どこが一位かよりも、どこが下位かの争い…

続きを読む

若衆文化研究会(ワカシュケン)は何をめざすのか

浅草界隈からスカイツリーを望む 来る、11月11日(土)に若衆文化研究会を浅草で行うことについては、先にこのブログに書きましたが、大事なことを、二つ書き忘れておりました。 その一つとは、参加費は無料、ということです(笑) 場所は、これも前のブログで書きましたように、雷門前の浅草観光文化センターです。ここの会議室をお借りしたのですが、けっこう安いのです。ぶっちゃけ4時間借りて1600円です。…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント