This is upside down!(それは逆さまです!)北米学生へのHAIKU授業とその顚末

年に一度なんですが、北米(アメリカ、カナダ)から私どもの大学にやってくる大学生に、俳句を教える機会があります。 昨日はその日でした。最初の挨拶から、お世辞にもうまいと言えない英語で、また英語が行き詰った場合は、国際理解センターの職員の方々にもお手伝いをお願いして、なんとか乗り切りました。 それにしても、年々、下手になって行きますね、語学、特に英語は。。。 今年の九月に学生二十名を連…

続きを読む

男色の第三の「場」は船上である、の説

漫画家の大竹直子さんと電話で話をしていて、男色講座をやろうということで話が大いに盛り上がりました。 ラインアップするなら、漫画家や画家で男色をお描きの方々、興味をお持ちの方々、それから研究者側からは、江戸時代の我々(畑中千晶さん他、西鶴研究者)の他にも中世の稚児研究者や仏教研究者、はたまた近代の同性愛研究者なんて揃えたら、それは面白いでしょうね。 たとえば、その近代。。。 京都には…

続きを読む

な、何と!あの西鶴研究会でBL祭り

あの伝統と格式を誇る?西鶴研究会、次回の研究会はBL祭りになりそうです。本当です(笑)。日時は、8月24日(木)午後2時より6時まで場所は、青山学院大学 です。この研究会の後半(約二時間)を「『男色大鑑』のコミカライズをめぐって」と題しまして、シンポジウムを行うことになりました。このブログでもご紹介しているように、昨年5~9月にKADOKAWAから『男色大鑑』のコミックが三冊(武士編、歌舞…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント