祝!『英草紙』の韓国語訳出版

都賀庭鐘作の読本『英草紙』(はなぶさそうし)の韓国語訳が、韓国祟実大学の東アジア言語文化研究所の叢書の一冊として、出版されました。 副題には「日本の江戸時代に花開いた中国白話小説の世界」とあります。韓国での『英草紙』初訳ということで記念すべき本となります。 翻訳者は、金永昊さん(東北学院大准教授)と丸井貴史さん(上智大博士課程修了、湘北短大非常勤講師)という若手研究者のコンビです。 …

続きを読む

最近の記事

最近のコメント