朝鮮通信使が見た日本の男色(男色講座3)

朝鮮通信使は、江戸時代に12回、日本を訪れています。 その9回目の享保4年(1719)は極めて重要な回です。理由は二つ。一つは雨森芳洲が通信使と同行したからです。芳洲は木下順庵門下で同門の新井白石と並び称せられた秀才です。対馬藩の藩儒として朝鮮との間で翻訳・論著・外交に活躍いたしました。 また彼は語学の天才で、当時としては珍しく中国語・朝鮮語に堪能でした。 普通、通信使と日本の文士との…

続きを読む

BLのカップリングのルーツは、超素粒子のクォークか?(男色講座2)

男色講座の二回目、「男色とは何か」。。。 男色は、異端・周辺でなく、文明・文化の《中心》にある。そして、それは人間の《死》と深く浸透する。というテーマで話をさせていただきましたが、時間が足りず、次回もこのテーマです。 そうなっちゃったのは、第一に私の段取りが悪いのですが、今回、漫画家の大竹直子さんが如上の若衆人形を教室に持って来てくださっていたことも理由の一つです。 まだ、どんな人形か…

続きを読む

男色ってつらい?(男色講座、始まりました!)

青山学院での授業(日本文学特講)で六回にわたっての男色講座、始まりました。 授業計画1 序論 〈性〉は明るく、楽しく語るべし2 男色とは何か3 『男色大鑑』の世界4 『男色大鑑』のコミカライズ(1)             その豊穣なる世界5 『男色大鑑』のコミカライズ(2)             ゲストスピーカーを招いて      漫画家:大竹直子さん、あんどうれいさん 6 男色文…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント