朝鮮通信使が見た日本の男色(男色講座3)

朝鮮通信使は、江戸時代に12回、日本を訪れています。 その9回目の享保4年(1719)は極めて重要な回です。理由は二つ。一つは雨森芳洲が通信使と同行したからです。芳洲は木下順庵門下で同門の新井白石と並び称せられた秀才です。対馬藩の藩儒として朝鮮との間で翻訳・論著・外交に活躍いたしました。 また彼は語学の天才で、当時としては珍しく中国語・朝鮮語に堪能でした。 普通、通信使と日本の文士との…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント