東アジアの視点抜きに、もはや日本文学は語れない-環境文学研究集会報告(3・終)

IMG_3519[1].JPG


標題は、村井章介編『日明関係史研究入門』(勉誠出版、2015年)の帯に「アジア史的視点を抜きに、もはや日本史は語れない」とありましたのをお借りしました。日本の歴史研究がアジアの視点を取り入れて、人文科学の国際性を先導していることは周知のことです。それにいささか倣った次第です。


なぜ、こうした標題を掲げたかと言いますと、今回の北京での研究集会で、とりわけこの東アジアの問題を考えさせられたからです。


もう十四五年ほど前になりましょうか。初めて韓国の日本文学関連の学会に参加し、発表等を拝聴して強く印象に残ったことがありました。それは韓国の日本文学研究への熱意と真摯さ、そして日本側のいささかの冷たさ、関心の低さでした。


学会の会場は首都のソウルでなく地方でしたから、それほど多くの参加者はありませんでしたが、発表者は皆さん熱っぽく日本文学のあれこれについて日本語(一部は韓国語)で語っていらっしゃいました。日本の古典は上代から近世まで同じセクションとして行われていたので、万葉集から曲亭馬琴の『八犬伝』等まで幅広く発表が行われました。


私は近世が専門という立場でしたから、近世に関しては質問や意見をとりあえず述べました。他の時代はほとんど意見等を控えましたが、発表を拝聴しているうちに、他の時代であっても、ここは違うとか足りないという点を幾つか感じたので、懇親会の折に発表者に話しかけたところ、たいへん喜ばれました。ちなみに、この日本古典のセクションに参加した日本人は私のみでした。もし、他の時代の日本人研究者が居れば、きっと私などより数倍良いアドバイスが発表者に出来たのではないかと、しごく残念に思った次第でした。


また聞けば、日韓は近いとはいえ、資料や文献を取得するのに種々不便があるとのことで、特にデジタル化の遅い日本文学研究の状況は何とかならないかとの意見を随分お聞きしました。その後の大会などでも、そうしたことを何度かお聞きしたので、何処かに書こうと思っていたところ、2007年に日本文学協会の『日本文学』「子午線」にそのことを書かせていただく機会がありました。


要点は三つ。


韓国における日本語、日本文学系の学科が様々な理由で衰退しつつある。それを食い止めるために、日本側からの何らかの働きかけが必要ではないか。

韓国で日本文学研究を行うためのサポート(特にデジタル化されたアーカイブス等)を構築する必要があるのではないか。

日韓の文学研究に対する姿勢の違いに対する相互認識を持つことが必要ではないか。


そして、最後に日文協の大会を韓国で開きませんか、と呼び掛けたわけです。


*なお、その時の文章を以下に添付しておきます。いま読み返してもそれほど古さは感じないと思います。


この呼びかけに対する反響・反応はあまりありませんでした。数人の先生方から大切な視点だとは言われましたが・・・。


韓国へ行く前の自分も、韓国等の日本文学研究の状況に全く関心がありませんでしたから、別に落胆することなく、当然の結果だと思いました。しかしその四年後に、日本近世文学会がソウルの高麗大学で行われることになった時、私はシンポジウムのコーディネイターや司会を仰せつかったのですが、その開催に一番驚いたのは私でした。それは近世文学会は何と言っても鎖国・海禁の時代の文学ですから、一番そうした国際化から遠いと勝手に思い込んでいたからです。いやはや偏見とは恐ろしいもので、自らの見識のなさを大いに反省した次第でした。と同時に、韓国での近世文学会開催をリードした、当時の学会役員の方々の先見性と英断には今持って感謝の念を禁じ得ないところがあります。


今回の北京での研究集会で、そうした韓国での日本文学関連の学会に参加した時の記憶がデジャブのようによみがえりました。今回、発表や質疑応答は皆さん日本語でしたし、会場に参加された大学院生、大学生の皆さんも日本語が流暢で、しかも極めて優秀かつ熱心でした。こうした中国側の真摯な姿勢に、日本側がきちんと応えないとまずいと心底思いました。


では、どう応えるべきなのか。これには様々な考え方がありましょう。


まずこの中国だけではありませんが、外国で日本の古典に関心を持つ方たちともっと日本の研究者は連携を取るべきだと思います。学会も積極的にそうした方たちを招聘するとともに、近世で行ったように海外で学会を開くことにチャレンジすべきです。そしてそれが恒常化すれば、支局のようなものを海外に作るのも良いかも知れません。ただ注意すべきなのは、前の「子午線」にも書きましたように、日本側から中国や韓国、その他への資料の提供など積極的に行うべきだとしても、そこに日本が日本文学の本家、総本山として意識を持つべきではないと思います。そうではなく、逆に北京やソウルでなければ出来ない日本文学研究の樹立、そこでなければ書けない日本語文学の新たな創出にこそ、積極的に力を貸すべきでしょう。そしてそこから生まれて来た新しい認識や文学観が、日本文学・日本語文学を活性化させると思います。


私は、それこそが、東アジア文学だと考えています。


なお、最初に歴史学の積極的なアジア展開の話をしました。それに比べて文学関連の学問が出遅れているように感じるとすれば、それは現状認識として正しいとしても、決してアジアで文学関連の学問の重要性が、かつてに比べて低下している考えない方が良いと思います。


たとえば、現在の東アジアで問題になっていることに、歴史認識の問題があるとよく言われます。しかし、私はこれは根本的に誤った認識で、多くは歴史認識の齟齬ではなく、相手を知らないことから来る、単純な相互不信だと思います。たとえば、日本の非営利組織である言論NPOと韓国のシンクタンクであるEAI(東アジア研究院)が両国に行った共同世論調査(2014年実施)によれば、日韓相互で、親しい友人が居る(日本5.8%、韓国6%)、多少話をする友人が居る(日本11.7%、韓国6.8%)、相手国に知り合いは居ない、居たことはない(日本82.2%、韓国87.2%)という数字が出ています。


日本の8割、韓国の9割が相手国の人間と話をしたことがないのです。8割、9割というのはほとんどと言って良いでしょう。つまり日本人と韓国人は話をしたことがないと言っても過言ではないということになります。よく日韓関係を近くて遠い国と言いますが、隣の知らない国と、これも言い直した方が良いかも知れません。


こうした相互不通の原因は単純に言葉の問題です。歴史の問題などでは決してありません。日中韓が相互の言葉を学んで話が出来るようになれば、現在抱えている東アジアの問題の多くは解決すると思います。歴史認識の問題が出て来るのはその後です。実は、これは厄介な問題なのですが、それはそうなったら悩みましょう(笑)。


つまり、いま文学・語学は東アジアにとって極めて重要です。歴史や政治・経済よりももっと重要だと考えて良いのです。それなのに文学・語学の担当者からは、もう文学の時代は終わった、英語全盛で東アジアの言語は相互に学ぶ必要性が薄くなったなどという嘆きが聞こえて来るから不思議です。その英語についてですが、佐藤優氏も言ってましたように、大学の授業(英語以外の授業)を英語でやるとか、会社の会議を英語でやったとしても、上手く行くはずがありません。片方が英語のネイティブならいざ知らず、両方がネイティブでない場合、相互の英語力にもよりますが、その相互理解は恐ろしく低下するばかりか(佐藤氏は倍加的に低下すると言ってましたが)、とんでもない間違いを起こしかねません。


たとえば、私が下手くそな韓国語で韓国人に話しても、相互理解が出来るのは、相手がネイティブだからです。相手がたぶん染谷はこんなことが言いたいのだろうなと、幅広い韓国語の知識でカバーしてくれるからです。これは逆もそうですね。ところがネイティブでない者同士が英語でやったら悲惨です。語学に限らず、コミュニケーションは常に非対称です。だから上手く行くんです。


文学も同じです。言葉は物差しではありません。そこには人間の感情や習慣や歴史が詰め込まれています。先に紹介した佐和隆光氏も言っているように(1)、ユートピアを失った経済は単なる数学の奴隷です。本当の日本、日本人を知りたければ日本語や日本の文学を学ぶしかありません。それは中国も韓国(朝鮮)も同じです。


それからもう一つ。外国、とりわけ東アジアとの文学的交流は、学問だけでなく、教育や雇用の場を積極的に生み出して行ける道でもあります。数年前に、韓国のソウル大にアジア文明学部が出来たように、日本でも積極的にアジア関連の学部・学科を作り、そこに従来の国文学科や日本文学科を組み込んでゆく必要があります。そのことを通して、21世紀中盤に起こるであろうアジアの変革に、文化的側面から積極的に関わって行くことが必要だと考えます。

文学がやれることは、まだまだ沢山あります。と言うより、これからがめっちゃ面白いと思います。アジアや他の外国に出てみれば、それは誰もが感じることだと、坂口安吾風に言えば、私は「一人白熱して熱狂し(坂口安吾『FARCEについて』)ているのです。これもデジャブですね。

写真はアヘン戦争時、イギリス・フランス軍によって廃墟となった円明園の西洋楼。円明園は復元図などによれば、驚くべき豪壮・美麗な離宮だったことがわかります。日本も中国で酷いことをしましたが、イギリス・フランスもこれは酷い・・・。



この記事へのコメント

最近の記事

最近のコメント