NHKの「歴史秘話ヒストリア」で男色の歴史や『男色大鑑』が取り上げられます!

IMG_5672[1].JPG
(若衆人形「辰弥」[大竹直子氏所蔵]と、御所風屏風「花車に桜」)

今月の4月25日(水曜日)に放送予定のNHKの「歴史秘話ヒストリア」で男色の歴史や『男色大鑑』が取り上げられることになりました(午後10時05分から50分まで)。
パチパチパチ!!!!

番組のタイトルは、

「歴史秘話ヒストリア 生きた、愛した、ありのまま ~日本人 さまざまな心と体の物語~」

ということで、多様な恋愛や性の世界を保持している、日本の文化や風俗の歴史を取り上げるとのことです。注目は、『男色大鑑』を代表する佳話「傘持てもぬるる身」を、大竹直子さんの美麗な漫画と、声優さんの語りで紹介するくだりでしょう。美少年長坂小輪の声は女性でなく、男性が担当するとのこと、そうこなくっちゃいけません。でも、一体どなたなのか、これは真実に楽しみです。(ちなみに、作品の解説で、小生もちらりと登場する予定です、はい)

『男色大鑑』の話は最後の方とのことですが、番組全体としては、様々な恋愛の話、男色の歴史、異性装の話、トランスジェンダーの問題等、多角的に日本人の「生きた、愛した」姿を「ありのまま」に描きだすとのこと。。。

こうした番組を、民法ではなくて、NHKが創り上げるということがイイですねぇ。

大人が大真面目に「恋」や「性」について語り、考えること。
そして初の勅撰集(勅撰とは天皇の命のこと)『古今和歌集』以来、堂々と「恋」の部立を入れてきた、この国の伝統をおもんばかること(『古今集』の「恋」の部立は、「四季」の部立と並ぶ、二大部立ですぞ)。

これ以上に素敵な性教育はありませんね。恋とは全身全霊を投げ打つものであること、それを小輪をはじめとする『男色大鑑』の若衆や念者の生き様から、感じ取っていただければと思います。





この記事へのコメント

最近の記事

最近のコメント