日朝比較の壁にどう立ち向かい、乗り越えようとしたのか-書評:山田恭子氏『日朝古典文学における男女愛情関係』

山田恭子さん(近畿大学・法学部講師)の初めての論文集『日朝古典文学のいける男女愛情関係-17~19世紀の小説と戯曲』(勉誠出版、2017年)が出版されました。 その書評を図書新聞(2017年9月16日号)に書かせていただきました。 書評のポイントは、標題のごとく「日朝比較の壁にどう立ち向かい、乗り越えようとしたのか」です。書評の最初にも書きましたが、日韓比較文学、日朝比較文学というのはた…

続きを読む

若衆文化研究会(ワカシュケン)をはじめます

「若衆文化研究会」をはじめます。 当初「男色研究会」という名で研究会を行うことを公表していましたが、種々の事情(他に「男色研究会」というものがありました、などなど)を勘案して「若衆文化研究会」(略して「ワカシュケン」)という名で研究会を発足することにいたしました。 その第一回を以下の要領でおこないます。 日時:11月11日(土)、午後3時より5時まで場所:浅草観光文化センター4…

続きを読む

「八百屋お七異聞」はBLの進化形である―「針梅」VS「花ねぢ」の世界

大竹直子さんの漫画「八百屋お七異聞」、やっと手に入れました。私の住んでる茨城県のコンビニではあまりこうした本が置いてないんですねぇ。それで東京の大きい本屋さんへ行ったら、それもないし、トホホの体でつくば市に戻ってきて、ふらっと入ったら、ななんと、そのコンビニにででーんと有りましたわ。 良いコンビニだと誉めるつもりで、スタバラテを3本買ってあげましたっ。。。 それで家に帰って一読讃嘆、とに…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント