君は「小説の精神」に耐えうるか

トルコ・イスタンブールのグランドバザール(染谷撮影、2015年) 個人的な話で恐縮ですが、いま、父親が商売を畳むということで、その手伝いをしています。 生き馬の目を抜く商人の世界とは別個の、極めて極楽とんぼの学者生活をしている私にとって、この経験は驚きの連続であり、かつ大変勉強になっています。 現在進行形ですので、具体的なことは話せないのですが、取引先から怒鳴られたり、泣き落としにあったり…

続きを読む

歌舞伎には〈江戸〉の文化が詰まっている!

12月10日(日)の午後、国立劇場で歌舞伎を鑑賞してきました。青山学院大の授業(演習)の一環として、学生を引き連れてのものです。 出し物は『今様三番三』(いまようさんばそう)と『墨田春妓女容性』(すだのはるげいしゃかたぎ)でした。 ひさしぶりに歌舞伎を見ましたが、やはり良いですね、すばらしい、惚れ惚れとしました。 今回、とくに感じ入ったのは、まず三番三の布晒し。これは源氏の白旗を晒しに…

続きを読む

漢文が読めれば〈東アジア〉が読める、分かる!!

ベトナム版『安南志略』(ベトナム最古の史書と言われる。ベトナム語と漢文の合冊) 中野三敏氏が提唱して、いま広がりつつある「和本リテラシー」。 つまり変体仮名、にょろにょろ文字が読めれば、日本の古い文献を読むことが出来るのだから、これに老若男女よ、チャレンジしようじゃありませんか、という運動ですね。 とても良いことなので、私も応援していますが、そのひそみに倣えば、漢文が読めさえすれば〈東…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント