中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』を読む

中沢新一さんと小澤實さんの共著『俳句の海に潜る』([株]KADOKAWA、2016年)を取り上げてみます。帯にある「アースダイバー」という言葉については、中沢さんが色々なところで使われていて、私も今年の1月9日のブログでちょっと拝借いたしました。その視点から日本の俳句に切り込んだのが、今回の本ということになります。 俳句人口はいまどのくらいでしょうか。ちょっと昔は百万人と言われ、現在で…

続きを読む

『版画家川瀬巴水・朝鮮への旅』を読む。

畑山康幸氏の『版画家川瀬巴水・朝鮮への旅』(レインボー出版、2017年)が出版されました。その紹介を「巴水とその時代を知る会」(通称、巴水の会)のブログに書きましたので、興味のある方はごらんください。 http://hasui.seesaa.net/

続きを読む

パロディを超える二次創作の「暴走」-『男色のコミカライズとアジアの〈性〉』出版直前対談①-附録:パリ近影(畑中千晶撮影)

カルチェラタン、ソルボンヌ広場 染谷:畑中さん、BL(ボーイズラブ)を中心にしてコミカライズ全般を考える時に「パロディ」じゃなくて「二次創作」というのがやはり一番しっくり来ると思うのだけど、そう思いませんか。畑中:そうですね。染谷:それで、この「二次創作」って言葉、いろいろ考えてみたんだけど、BLや漫画・アニメだけじゃなくて、日本の文学全体を考える時にも、極めて重要じゃないって思うんですね…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント