アンコール・ワットの二形(ふたなり)

(アンコールワット、第三回廊からの眺め、染谷撮影、2010年) ◆ご案内◆前ブログでご案内した西鶴研究会(8月24日[木]青山学院大学)は一般聴講も歓迎です。◆まだ席に余裕がありますので、ご関心のある方、以下フォームからお申し込みください。◆ https://form.os7.biz/f/5eb846d5/◆ 詳しい内容は前ブログをごらんください。 八月中旬に出版される『男色を描く-西鶴のB…

続きを読む

西鶴研究会(8/24)にて『男色大鑑』コミカライズのシンポジウムが開催されます

西鶴研究会(8月24日[木]青山学院大学)にて『男色大鑑』のコミカライズについてのシンポジウムが開催されます。今回は一般の方の聴講も歓迎いたします(ただし、会場の関係もあり、40名までです)。ご関心のある方、ぜひご参加ください。 参加を希望される方は、以下のフォームから申し込みをしてください。 https://form.os7.biz/f/5eb846d5/ なお、40名を越えます…

続きを読む

新本『男色を描く』(勉誠出版)の出版記念トークが行われます

いよいよ、姿を現しました、新本の概要。まずは書影、井原西鶴と上村辰弥のツーショットです。江戸時代きっての売れっ子草子作者と、観客に「殺しをれ」(殺してくれ)と叫ばせた、美貌の若女方。大竹直子さんの神域に迫る流麗な筆で描き出された二人のむつみ。 辰弥が元禄四年に謎の死を遂げたあと、西鶴は二年後に亡くなります。 浮世の月見過ごしにけり末二年 西鶴辞世句(この世の月を二年も余分に見てしまった・…

続きを読む

最近の記事

最近のコメント